松尾潔
著者のコラム一覧
松尾潔音楽プロデューサー

1968年、福岡県出身。早稲田大学卒。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、JUJUらを手がける。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲)で第50回日本レコード大賞「大賞」を受賞。2022年12月、「帰郷」(天童よしみ)で第55回日本作詩大賞受賞。

「ほどよい不完全さ」をあえて残しておくのが作詞のむずかしさでもあり、おもしろみでもある

公開日: 更新日:

 先月、作詞した天童よしみさんの50周年記念シングル「帰郷」について書いた。そのとき、同曲が第55回日本作詩大賞にノミネートされたことに触れたのをご記憶だろうか。まさに軽く〈触れた〉程度だったが、驚いたことに先週末ぼくは大賞を受賞した。その模様はテレビで生放送されたから、ご覧になった読者もいらっしゃるかもしれない。

 作詩大賞は演歌・歌謡曲限定の賞。R&B畑の自分にはずっと縁遠く、今回の初ノミネートにもどこか呑気なお客さん気分だったのは否定できない。だが義に厚い天童さんには、望郷の詞を書き下ろしたぼくに恩返しすべく、作詞家へ授与されるこの賞を絶対獲らせてあげたいという強固な信念があった。生本番の鬼気迫る熱唱でぼくは彼女の思いに初めて気づき、身震いすることになる。過ぎた呑気も困りものというオハナシです。

 受賞後は、近年記憶にないほど沢山のお祝いの言葉をいただいた。じつにありがたいことである。あらためて作詞に思いをめぐらせる絶好の機会ともなった。

 ところで、先ほどから「作詞」と「作詩」の二つを混在させて書いているのに気づいているだろうか。ふだんぼくが「作詩」を使うことはまずない。詞と詩は似て非なると信じて歌詞を作ってきた。ほとんどの人たちの認識も同様ではないか。なぜなら、手元に届いた祝辞には9割の高確率で「作詞大賞おめでとうございます」と記されていたから。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至