著者のコラム一覧
永田宏長浜バイオ大学コンピュータバイオサイエンス学科教授

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

肝臓がん手術件数トップの和歌山県は最下位・埼玉県の4倍

公開日: 更新日:

 ただ東京都は、がん治療に強い大病院が集中しているため、手術件数が多めに出ています。また、青森県は年齢調整死亡率が最悪であるにもかかわらず、手術件数はかなり少なめです。青森県は肝臓がんに限らず、他のほとんどのがんでも、手術数が少ない傾向が見られます。

 手術件数トップは和歌山県(63.2)。全国平均の2倍近くに達しています。最下位は埼玉県(15.6)。その差はなんと4倍です。ただ年齢調整死亡率の差は、そこまで大きくありません。

■「西」は根治を目指さずその都度手術

 実は西日本は肝臓切除手術の件数は少なめで、ラジオ波焼灼法など体にマイルドな治療が多めに行われているのです。対する東日本では、逆の傾向が見られます。

 西日本はウイルス性肝炎の感染者が多く、肝臓がんの主な原因になっているのです。ところがウイルス性の肝臓がんは再発率が高いため、根治を目指した切除術が必ずしも有効ではありません。むしろ、大きくなった腫瘍(がん細胞の塊)をその都度ラジオ波などで焼き殺すほうが体への負担も軽く、効率的なのです。そうした理由が、手術件数の多さにも反映されているわけです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」