著者のコラム一覧
菅原洋平作業療法士

夜中に何度も目覚めてしまう人は就寝時間を遅らせる

公開日: 更新日:

 一晩に何度も目覚めてしまって、いつも寝不足な気がする……。中高年になるとグッと増える睡眠の悩みです。

 われわれは年を取ると必要な睡眠時間が少なくなっていき、「睡眠―覚醒リズム」の幅も小さくなります。ですから、夜中に目覚める「中途覚醒」は自然な老化現象で、一晩で1回程度目覚めるくらいなら医学的に問題はなく、心配する必要はありません。

 ただし、眠り始めて30分程度で目が覚めるとか、1時間ごとに何度も起きてしまうといった場合は対策を講じた方がいいでしょう。

 睡眠は最初の3時間が最も重要です。われわれの睡眠はおよそ90分(80~120分)のサイクルで深くなったり浅くなったりしています。深い睡眠は最初の2サイクルまでしか見られないので、眠り始めの最初の3時間にまとまって深く眠れているかが大切なのです。

 就寝から3時間たっていないのに何度も目覚めてしまう人は、まず夜中に目覚めたときに時計を見ないようにしましょう。目が覚めて「まだ○時か……」と確認する行動を繰り返すと、脳に「○時に起床する」というプログラムが組まれます。脳はその時間に合わせて覚醒を促すホルモンであるコルチゾールの分泌をスタートさせ、同じ時間に目覚めやすくなってしまうのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる