緑内障とその予備軍は10月以降の薄暮時間帯での運転と歩行に注意

公開日: 更新日:

「秋の日はつるべ落とし」とはよく言ったもので、秋の日没は早く、すぐに暗くなる。そのため、日没時刻の前後1時間にあたる「薄暮時間帯」は例年、交通事故が集中する。とくに10~12月が多いことで知られている。この時間帯の視力や視界などの見え方はどう変化するのか。「自由が丘清澤眼科」(東京・目黒区)の清澤源弘院長に話を聞いた。

 警察庁のホームページによると2017~21年の薄暮時間帯の交通死亡事故件数は6月の84件に対して、10月220件、11月260件、12月240件と2.5~3倍になる。

 しかも、薄暮時間帯は昼間と比べて「自動車対歩行者」による事故割合が3.6倍と多くなり、道路横断中が約9割を占める。

「この時間帯に事故が集中するのは、日没後、急に暗くなり、周囲の視界の視認性が低下し、距離や速度がわかりにくくなるためです。それは自動車のドライバーだけでなく、自転車に乗っている人、歩行者らも同じで、互いに互いを発見するのが遅れるからだと考えられます」

 なぜ、周囲が急に暗くなると、ものが見えづらくなるのか? それは、網膜にある錐体細胞と杆体細胞と呼ばれる2つの細胞の働きの切り替えが追いつかないからだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる