老眼が気になる中高年こそ知っておきたい「最新メガネ事情」

公開日: 更新日:

 10月はメガネと目にまつわるイベントの多い月だ。10月1日は「メガネの日」、10月10日は「目の愛護デー」で、10月1~10日は「目とメガネの旬間」と呼ぶそうだ。ならばこの際、中高年が気になる進化した「老眼対策用メガネ」について考えてみたい。「㈱ニコンメガネ」(東京・南青山)社長の加藤宏太郎氏に聞いてみた。

 メガネは昔に比べるとお手頃価格のものが増えてきた。しかし、その一方で高価なメガネもある。特に老眼を自覚した頃に購入するメガネには価格差が大きい。何が違うのか?

「鼈甲(べっこう)など贅沢なフレームの違いだけと思われがちですが間違いです。いまは最新の光学技術を駆使したさまざまなレンズがそろっていて、その人の目の状態に合ったより目に優しいレンズがあります。そしていまの眼鏡店はそのレンズの機能を十二分に発揮するためのフレームとメガネ作りの技術を持つ。価格はそれを反映したものです」

 現代人はパソコンやスマホ画面といった近くのものを長時間見る生活をしている。特に仕事でパソコンを長時間使う場合は自然な姿勢が大切で、メガネが合っていないと首を前後に傾けて見たり、画面に近づいたり、遠ざかったり、不自然な姿勢でのパソコン作業が続くことになる。これは非常につらい。人生100年時代を迎え、70歳現役がささやかれるいま、目に優しいメガネのことは真剣に考える必要がある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路