著者のコラム一覧
新井平伊順天堂大学医学部名誉教授

1984年、順天堂大学大学院医学研究科修了。東京都精神医学総合研究所精神薬理部門主任研究員、順天堂大学医学部講師、順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学教授を経て、2019年からアルツクリニック東京院長。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と研究を中心とした老年精神医学が専門。日本老年精神医学会前理事長。1999年、当時日本で唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を開設。2019年、世界に先駆けてアミロイドPET検査を含む「健脳ドック」を導入した。著書に「脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法」(文春新書)など。

「BPSD」のひとつが幻覚や妄想 認知症の30~40%でみられる

公開日: 更新日:

認知症の症状は、中核症状と行動心理症状に分類される」と、以前に紹介しました。行動心理症状は「BPSD」とも呼ばれます。

 BPSDのひとつが、幻覚や妄想です。認知症の30~40%で何らかの幻覚や妄想がみられるという報告があります。アルツハイマー型認知症に限ると、初期の段階から幻覚がみられる頻度は低く、物盗られ妄想など妄想の頻度が高い。

 一方、レビー小体型認知症では初期から幻覚(中でも、幻視)があるといわれています。幻視は、人物、動物、物や場面などが現実と区別をつけられないほど生々しく見える現象です。

 レビー小体型認知症で最も多いのは人物の幻視で、「部屋を子供が走り回っている」「戸棚の上に小人が数人いて踊っている」など。色や動きについては伴う場合もあれば、そうでない場合もありますが、声や音に関してはたいてい伴いません。人物に次いで、イヌやネコなどさまざまな動物や、ムカデ、チョウといった虫の幻視もよくあります。

 認知症の精神症状として珍しくない幻覚・妄想ですが、認知症以外の病気でも起こります。てんかん、脳血管障害、脳腫瘍、ナルコレプシー、脳炎、頭部外傷、代謝性および中毒性脳症……。幻覚を伴うことがある病気はいくつもあります。なお代謝性および中毒性脳症とは、肝性脳症、ウェルニッケ脳症などです。

 また、高齢者の幻視で「虫が見える」といった時、飛蚊症の可能性も。目の前に蚊やゴミのような物が飛んで見えたりする病気で、加齢とともに患者数が増えます。

 ほとんどの飛蚊症は放っておいても心配ありませんが、網膜剥離や網膜裂孔、眼底出血など失明に至る病気の前兆として現れる飛蚊症もあるので、眼科医での検査が必要です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで