プロが教えるシャンプー術(1)男女差と選ぶための6項目

公開日: 更新日:

 紫式部が生きた平安時代、超ロングヘアの女性は米のとぎ汁ですすいで洗髪することが多かったようです。洗髪頻度は、年1回、月1回、月3回(沐浴)など諸説あるようですが、梅雨の時期から夏にかけては、湿気や暑さでかなり厄介だったと想像できます。仮に月に3回の洗髪だったとしても、今では考えられないほど洗髪頻度が少ないと思います。ただ、当時の食生活は今とは違うので、皮脂の分泌量が少なかったとする説などもあります。

 皮脂の分泌量は、当然ですが男女差があります。図の棒グラフのように、男女とも皮脂の分泌は30歳頃でピークに達します。その後、加齢により男性のみがほぼ一定の皮脂量を維持し、女性は低下していきます。女性の皮脂量は男性の約3分の2から半分くらいです。

 毛径(毛の太さ)は図の折れ線のように、男性は20歳くらいがピークで、加齢により徐々に細くなっていきます。このため、男性用シャンプーは頭皮洗浄が目的の製品が多く、女性用は髪を美しく見せることが目的の製品が多くなっています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる