過敏性腸症候群でもう悩まない(2)薬物療法だけで3カ月で完治できる

公開日: 更新日:

 慢性的な腹痛や下痢、便秘やガスだまりの症状に悩まされる「過敏性腸症候群(IBS)」。お腹の不調を改善させる治療には、どういった方法があるのか。「おりたメンタルクリニック」院長の織田宗太郎氏に解説してもらった。

「IBSの治療は薬物療法が基本です。下痢型であれば、腸管蠕動運動の活発化や大腸内への水分流入量を改善させる『イリボー(一般名:ラモセトロン塩酸塩)』が有効です。ほかにも下痢や便秘、どちらの症状にも対応できる『コロネル(一般名:ポリカルボフィルカルシウム)』と呼ばれる薬もあります。便に含まれる水分量を調節する作用があり、水様便を防いだり、逆に水分量を増やして排便を促してくれます。症状の頻度やタイミングに合わせて服薬回数が変わるので、問診時のヒアリングが重要です」

 症状に応じて、下痢止めや腸内細菌の乱れを整える整腸剤のほか、自律神経の不調に対しては四逆散などの漢方薬も処方される。早い人であれば服薬から1~2カ月で症状が改善され始め、治療開始から3カ月前後で完治するケースも少なくないという。

「IBSを長い間放置したからといって、薬が効かなくなることはありませんが、効果が得られるまでに時間がかかりやすくなります。さらに自律神経の乱れが慢性化していると、そこに対するアプローチも必要になるので治療の負担が増えかねない。心療内科では症状の引き金となる心理的ストレスに対応するカウンセリングも併用しながら治療を行っています。排便異常で悩んだら、慢性化する前に早めに手を打っておくとよいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる