著者のコラム一覧
中川恵一東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授

1960年生まれ。東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

古村比呂さんは抗がん剤22回…長期の静脈注射ではCVポートの検討も

公開日: 更新日:

 抗がん剤について、読者の皆さんはどう思われているでしょうか。「副作用がつらい」「最後の手段」といったイメージを持っている方は少なくないでしょう。

 そのイメージを覆しているのが、ステージ4の子宮頚がんで闘病中の女優・古村比呂さん(58)です。

 13日に更新したブログによると、抗がん剤治療は22回目。これだけ長く治療を続けていられるのは、副作用の管理がきちんとできているのだと思います。

 その22回目は無事投与が終了したそうですが、気になる表現もありました。薬剤を静脈から投与する際、針を刺す看護師に「血管が硬くなってますね」と指摘された点です。

 針を刺した部位が赤くなる、痛む、腫れるといった症状は、さまざまなワクチン接種や採血などでも経験したことがあるでしょう。治療や検査などで針を繰り返し刺していると、その部位が突っ張ったり、硬くなったりします。これを避けるには、できるだけ太い静脈を使用したり、刺す部位を変えたりすることが大切です。

 さらに注入する薬剤の影響もあります。どんな薬剤であれ、皮膚や血管などの細胞には炎症が発生。特に抗がん剤はじめ、がんに使われる薬は強いため、薬剤が漏れて皮膚に付着すると、水ぶくれや潰瘍ができたり、薬剤が通る静脈内では静脈炎になったりする恐れもあるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変