著者のコラム一覧
石原藤樹「北品川藤クリニック」院長

信州大学医学部医学科大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

虫歯予防で人気の「キシリトール」に血栓リスク? 医学誌で報告

公開日: 更新日:

 「キシリトール」は天然にもある甘味成分ですが、甘いのに砂糖などと比べてカロリーが少ないという特徴があります。また、キシリトールには虫歯予防効果があることが確認されていて、歯の健康のために、キシリトールを含有するガムやタブレットが日本でも幅広く使用されています。

 キシリトールは天然にもある成分なうえ健康に良い効果も確認されているのですから、それを摂ることに何の心配もないように思われていました。しかし、実際にはキシリトールを継続的に摂った場合の健康への影響については、あまり科学的データは存在していませんでした。

 今年の心臓病の専門誌に、キシリトールの安全性についての研究結果が発表されています。疫学データを解析したところ、キシリトールの血液濃度が高い群では、低い群と比較して、心臓病や脳卒中などのリスクが50%以上増加していました。

 海外で市販されているキャンディ数個分のキシリトールを1回摂取すると、血液のキシリトール濃度は1000倍に増加し、それに伴って、血液を固める作用を持つ血小板の機能が高まることも確認されました。つまり、キシリトールを過剰に摂ると、血液が固まりやすくなって血栓症の病気が増えるのではないか、という結果です。

 まだひとつの研究だけの結果で、確定的なものでない点に注意が必要ですが、キシリトールも摂り過ぎには注意が必要であるようです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方