• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2週連続で列島直撃…毎年恒例化した「スーパー台風」の恐怖

 今週末に日本列島を直撃する台風19号が、猛烈な勢いで接近している。2週連続の上陸は、2004年以来、10年ぶりという。しかも今回のは、昨年11月にフィリピンで6000人以上の死者を出した「台風30号」と酷似している。

 10日正午時点で、中心気圧920ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速70メートル。日本で過去甚大な被害を出した伊勢湾台風(895ヘクトパスカル、最大瞬間風速75メートル)に匹敵する最強レベルの“スーパー台風”なのである。

 ウェザーマップの気象予報士・片山由紀子氏がこう言う。
「台風が強力に発達するのは、フィリピン東海上の海水温が高いままだからです。台風をつくる条件として、海面温度が27度以上あれば十分ですが、現在30度近くある。夏の間に海水温があたたまりすぎて、表面だけでなく深い部分も27度を超える状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る