• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“鼻血問題”反論本を出版 「美味しんぼ」作者が語った真実

 人気漫画「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲氏が2日、「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」を出版した。

「美味しんぼ」は昨年4月28日発売の「福島の真実」(ビッグコミックスピリッツ)で、主人公らが福島原発を訪れた際に鼻血を出す描写を掲載。真偽を巡って「風評被害だ」などと大きな反響が起きた。新刊本の中身は、その意見に対する「反論」だ。

 雁屋氏は同書で「私は、自分の体験した事実しか書きません」と記し、福島を取材した自身が実際に鼻血を出し、異常な疲労感があった――という。その上で、「放射線被曝で住民に鼻血が多発しているとは考えられない」との環境省の見解について「無責任」と批判。年間20ミリシーベルト以下の低線量被曝が人体に及ぼす影響を懸念している。

 雁屋氏にあらためて見解を聞くと、こう答えた。
「ICRP(国際放射線防護委員会)と共に原子力産業の支配下にある日本の学会は、低線量被曝のきちんとした研究をしていません。ろくな研究もしない日本の学者たちが低線量被曝の被害をどうして否定できるのでしょう。鼻血について、低線量被曝について、議論せずに勝手な結論を出す国のやり方は間違っています。福島第1原発は依然として大量の放射性物質を放出している。国と東電は一刻も早く福島の人たちを安全な場所に移住させるべきです。そのための場所と職業の確保、生活の援助は国と東電が責任を持って行うように、国民全員が働きかけなければなりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る