ハリセンボンの箕輪はるかお気に入りの昭和レトロな喫茶店

公開日:  更新日:

“死に神”と評されるほどの暗いキャラクターがウケているハリセンボンの箕輪はるか(35)。趣味はミニカー収集で、特技のけん玉は3段の腕前。マニアックでどこまでも地味な彼女のお気に入りの店が新宿にある。

「珈琲タイムス」は新宿駅前の繁華街に店を構える昔ながらの喫茶店。38年前の創業以来、外観も内装もほとんど当時のまま。パチンコ屋やゲームセンターが立ち並ぶギラギラとした街並みにあって、まるで時が止まったような昭和レトロな外観が、ひときわ異彩を放っている。

 客の8割が常連という店の自慢はもちろんコーヒー。今どきのカフェならコーヒーだけでも何種類もあったりするが、昭和なこの店はあくまでブレンド1種類のみにこだわっている。

「ストレートもいいけど、結局、おいしいのはブレンド。複数の豆をバランスよくミックスすることで、調和のとれた味わいになるからです。ウチのは何年もお世話になっている知人のコーヒー店が独自にブレンドしてくれたもの。だから自信を持って、おすすめしています」(スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る