名刺管理の“決定版”も アナタの「ほしい!」がモノを生む

公開日:  更新日:

 仕事が増えれば溜まっていくのが名刺。どうすれば効率良く管理できるかは、ビジネスマンの永遠のテーマだ。

 Google Playで「名刺管理」と検索すると、250ものスマホアプリがヒットする。開発側がいかに決定版をつくろうと血眼になったかが分かるが、実は“決定版”と呼べる名刺管理ツールが、人材総合サービス会社「リクルートキャリア」で密かに開発されている。その名も「ケースキャン」だ。

 ケースキャンは、ケースに名刺を入れると内蔵スキャナが名刺を読み取り、企業名、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの情報を自動でデータ化。スマートフォンでの撮影や別スキャナでの取り込みといった、従来の名刺管理に必要だった面倒な作業を一切省き効率よく管理できる。まさに“シンプル・イズ・ベスト”なスグレモノだ。

 開発を担当する同社次世代プラットフォーム統括部の宮崎雄一朗シニアプロデューサーがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る