スニーカー再人気 おしゃれ上級者が「エアマックス」大人買い

公開日:  更新日:

 この秋、スニーカーが久々に脚光を浴びている。中でも人気なのが、ナイキのエアマックス。靴底部分のエアが衝撃を吸収する構造で、重量も軽い。2つの意味で「エア」なスニーカーだ。

 エアマックスが一大ブームになったのは1995年。価格は1万5000円程度だったが、店頭価格が2、3万円なのは当たり前。オークション価格で27万円までハネ上がることもあった。靴をカツアゲされる「エアマックス狩り」も横行。居酒屋では脱いだスニーカーを座敷に持ち込むほどの貴重品として扱われた。あれから20年経ちブームが再熱しているのだ。

 スニーカー専門店、atmosの店舗統括マネジャーの上田匠さんが言う。

「先日、代表的なデザインである、『エアマックス95・イエロー』の復刻版が発売されましたが、渋谷、原宿、銀座などの各店では、オープン前から300人以上の列ができ、即完売しました。お客さまにはエアマックス発売当初を知っている30代から40代の男性が多いですね。2足、3足とオトナ買いされます。フォーマルな装いに足元だけスニーカーを合わせたり、おしゃれ上級者の方が多いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る