簡単じゃない田舎生活 移住支援機関が指摘する「失敗八カ条」

公開日:  更新日:

 札幌から114キロ離れた北海道深川市が市有地を1区画980円で売り出したのには驚いた。道央自動車道・深川IC近くの2区画とJR納内駅そばの7区画で、いずれも好立地。1区画は約100坪もある。人口減に悩まされ移住促進事業に力を入れる深川市。安倍政権の地方創生に後押しされたというが、それにしても大盤振る舞いだ。

「9件の応募があったのですが、辞退者が出たので決まっているのは5区画です。申し込みは関東や関西の方が大半で、みなさん本州。固定資産税評価額で82万~124万円の宅地なので激安分譲にはなりますが、1カ月以内に契約し、1年半をメドに家を建てて住民登録するのが条件。上物だけで2000万円はしますから、資金面で余裕がないと厳しいですよ」(財政課)

 2014年の「小規模市町村における移住・定住の要因と生活状況に関する調査」(20~50代の男女1050人対象=NTTデータ経営研究所)によると、遠方からIターンした理由は「希望する仕事の募集があった」「自然環境などに引かれた」が20.3%で同率トップ。幸福度は小さな自治体ほど低下する。「幸せ」と回答したのは、3万~4万人未満の市部が18.1%なのに対し、町村部は3.6%。格差5倍。見過ごせない数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る