大久保佳代子もお気に入り!大人の居酒屋「OMOTENASHI とりよし 青山店」

公開日:  更新日:

 27時間テレビで88キロマラソンのランナーに抜擢されるなど、今年も大活躍だった「オアシズ」の大久保佳代子(44)。酒豪で知られ、ひいきにしている店が港区南青山にある。「OMOTENASHI とりよし 青山店」は鶏料理を中心に、四季折々の素材を生かした和食が楽しめる店。古民家を思わせる落ち着いた風情も魅力で、重厚な扉を開けて中へ入ると、通りの喧騒とは一転して、くつろいだ雰囲気に包まれる。

 関東を中心に店舗展開するチェーン店で、中でも青山店は場所柄、芸能界の常連が少なくない。支持される理由は和服の女性が温かく迎えてくれる居心地のよさに加え、妥協のない“味へのこだわり”にある。

「“料理はあくまで手作り”というのが当店の信条。看板メニューの手羽先空揚げも料理人が一つ一つ手作りしたできたてをお出ししています。魚は鮮度にこだわって、漁港から毎日直送。こだわりの豆腐料理、お茶漬けなどシメの料理までどれもオススメです!」(店長の佐藤洋行さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る