「B評価」でも候補に…リストラで狙われるのはこんな人

公開日:  更新日:

 リストラといっても、会社が一方的に社員のクビを切ることは基本的に認められない。労働契約法16条で、解雇権の乱用とみなされやすいのだ。だから、社員が合意して“自主的に”辞める方法を探る。それが退職勧奨で、リストラの一般的な手口。

■狙われるのは「聞き分けのいい人」

 では、どんな人がターゲットになるのか。東証1部上場企業の人事担当者が言う。

「たとえば、人員を2割削減するとしても、対象者全員が素直に退職勧奨に応じてくれるわけではないので、狙いを3割ほどに広げます。必ずしも査定の下から順ということではありません。杓子定規にリストラしてゴネられ、裁判沙汰になったら困りますからね。“業績・給与”と“人柄・身辺事情”の2つを基準に候補をリストアップしますが、基準とは関係なく、すぐに応じてくれそうな人も狙います。それがイメージダウンを避けながらリストラするコツ。ABCD評価でBの人も結構います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る