「B評価」でも候補に…リストラで狙われるのはこんな人

公開日: 更新日:

 リストラといっても、会社が一方的に社員のクビを切ることは基本的に認められない。労働契約法16条で、解雇権の乱用とみなされやすいのだ。だから、社員が合意して“自主的に”辞める方法を探る。それが退職勧奨で、リストラの一般的な手口。

■狙われるのは「聞き分けのいい人」

 では、どんな人がターゲットになるのか。東証1部上場企業の人事担当者が言う。

「たとえば、人員を2割削減するとしても、対象者全員が素直に退職勧奨に応じてくれるわけではないので、狙いを3割ほどに広げます。必ずしも査定の下から順ということではありません。杓子定規にリストラしてゴネられ、裁判沙汰になったら困りますからね。“業績・給与”と“人柄・身辺事情”の2つを基準に候補をリストアップしますが、基準とは関係なく、すぐに応じてくれそうな人も狙います。それがイメージダウンを避けながらリストラするコツ。ABCD評価でBの人も結構います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る