• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「B評価」でも候補に…リストラで狙われるのはこんな人

投稿日:  更新日:

 リストラといっても、会社が一方的に社員のクビを切ることは基本的に認められない。労働契約法16条で、解雇権の乱用とみなされやすいのだ。だから、社員が合意して“自主的に”辞める方法を探る。それが退職勧奨で、リストラの一般的な手口。

■狙われるのは「聞き分けのいい人」

 では、どんな人がターゲットになるのか。東証1部上場企業の人事担当者が言う。

「たとえば、人員を2割削減するとしても、対象者全員が素直に退職勧奨に応じてくれるわけではないので、狙いを3割ほどに広げます。必ずしも査定の下から順ということではありません。杓子定規にリストラしてゴネられ、裁判沙汰になったら困りますからね。“業績・給与”と“人柄・身辺事情”の2つを基準に候補をリストアップしますが、基準とは関係なく、すぐに応じてくれそうな人も狙います。それがイメージダウンを避けながらリストラするコツ。ABCD評価でBの人も結構います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る