フット後藤も大絶賛 豚しゃぶとポテサラの人気店「だんだん.」

公開日:  更新日:

 多くのバラエティー番組で司会を務める売れっ子芸人、フットボールアワーの後藤輝基(41)。五反田の飲食店に詳しい後藤がひいきにしているのが、豚しゃぶが人気の居酒屋「だんだん.」。

 場所は東急目黒線の不動前駅から歩いてすぐの静かな路地裏。料理のうまさに定評があり、木のぬくもりに包まれた空間でゆっくりと味わえる。

 店名の「だんだん」は島根の言葉で「ありがとう」の意味。オーナーが島根県出身で、地元の食材を中心に全国各地から取り寄せた選りすぐりを存分に生かした料理が魅力だ。

「例えば豚しゃぶには鹿児島県産の“茶美豚(ちゃーみーとん)”を使用。肉質がやわらかくアクが出にくいので、しゃぶしゃぶにぴったりなんです。使う野菜もほとんどすべてが有機野菜。いい素材を厳選し、その持ち味をとことん引き出した手作りの味を楽しんでいただきたいですね」(スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る