時代に合わせイメージ刷新 花王「エッセンシャル」の戦略

公開日:  更新日:

 花王の「エッセンシャル」は、業界で初めてキューティクルケアを提案したヘアケアブランドだ。消費者調査に基づく開発テーマと独自の技術で今も進化中。販売も好調で、とくに2014年の全面刷新以降は2ケタ成長を遂げている。

 エッセンシャルは1976年、髪をいたわりながら洗うシャンプーとして誕生した。

「花王は消費者の実態を観察する中で切り口を発見してきた歴史がある。エッセンシャルもしかりで、発売当時、女性は丹念にブラッシングする人が多かった。それは髪のためによいと信じてのことだったが、実はブラッシングによって髪を保護するキューティクルがはがれ、傷みの原因になることがわかり、開発に至った」(ヘアケア事業グループの安江晋太郎氏)

 専門用語で馴染みのなかった「キューティクル」をあえて前面に出して訴求。一気にヘアケア市場を代表するブランドになったが、今につながる好調は06年のリニューアルがきっかけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る