時代に合わせイメージ刷新 花王「エッセンシャル」の戦略

公開日:  更新日:

 花王の「エッセンシャル」は、業界で初めてキューティクルケアを提案したヘアケアブランドだ。消費者調査に基づく開発テーマと独自の技術で今も進化中。販売も好調で、とくに2014年の全面刷新以降は2ケタ成長を遂げている。

 エッセンシャルは1976年、髪をいたわりながら洗うシャンプーとして誕生した。

「花王は消費者の実態を観察する中で切り口を発見してきた歴史がある。エッセンシャルもしかりで、発売当時、女性は丹念にブラッシングする人が多かった。それは髪のためによいと信じてのことだったが、実はブラッシングによって髪を保護するキューティクルがはがれ、傷みの原因になることがわかり、開発に至った」(ヘアケア事業グループの安江晋太郎氏)

 専門用語で馴染みのなかった「キューティクル」をあえて前面に出して訴求。一気にヘアケア市場を代表するブランドになったが、今につながる好調は06年のリニューアルがきっかけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る