改善率9割 髪が「太く育つレシピ」を薄毛相談のプロ伝授

公開日:

 抜け毛が心配。もしそう思うなら、市販の育毛剤はやめたほうがいい。

「市販の育毛剤にはひとつの大きな問題点があります」と言うのは、「世界一簡単な髪が増える方法」(アスコム)の著者、辻敦哉さん(写真・円内)。育毛専門のヘッドスパ専門店オーナーとして2万人以上の薄毛相談に乗り、9割以上の人の薄毛を改善させてきた。

 その問題点とは、「大量のアルコールが含まれている」こと。濃度50%以上が大半で、70%近いものまであるという。

 アルコールには皮脂を溶かす作用があり、育毛剤の有効成分を効率よく髪の毛母細胞に届かせる。一方で、頭皮の脂分や水分を強烈に奪う。

 前者がメリットで、後者がデメリット。2つを比較した場合、メリットの方が大きければ育毛効果が期待できるだろう。

「ところが実際はデメリットが勝り、頭皮の状態が悪化する人が多い。頭皮が乾燥してフケやかぶれを起こしたり、皮脂の過剰分泌を招いて脂っぽい状態になるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る