• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

改善率9割 髪が「太く育つレシピ」を薄毛相談のプロ伝授

 抜け毛が心配。もしそう思うなら、市販の育毛剤はやめたほうがいい。

「市販の育毛剤にはひとつの大きな問題点があります」と言うのは、「世界一簡単な髪が増える方法」(アスコム)の著者、辻敦哉さん(写真・円内)。育毛専門のヘッドスパ専門店オーナーとして2万人以上の薄毛相談に乗り、9割以上の人の薄毛を改善させてきた。

 その問題点とは、「大量のアルコールが含まれている」こと。濃度50%以上が大半で、70%近いものまであるという。

 アルコールには皮脂を溶かす作用があり、育毛剤の有効成分を効率よく髪の毛母細胞に届かせる。一方で、頭皮の脂分や水分を強烈に奪う。

 前者がメリットで、後者がデメリット。2つを比較した場合、メリットの方が大きければ育毛効果が期待できるだろう。

「ところが実際はデメリットが勝り、頭皮の状態が悪化する人が多い。頭皮が乾燥してフケやかぶれを起こしたり、皮脂の過剰分泌を招いて脂っぽい状態になるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る