• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1日たったの6歩…スローウオーキングで楽して痩せる

「楽して痩せたい」という人にイチ押しの方法がある。「1日6歩歩くだけで、健康で理想的な体を手に入れることができます」と断言するのは、「スローウォーキング」(アスコム)を先月、上梓したビューティーデザイナーの長瀬サエコさん。2週間続けた人からは、「体重約3キロ減、ウエスト3センチ減。首と肩の凝りが楽になり、疲れにくくなった」(44歳)、「下腹部のたるみが減少。肩凝りが劇的に改善」(48歳)といった声が寄せられているという。

 やり方は簡単だ。

 まず、頭の上から吊られているイメージで背筋を伸ばし、腹筋を意識してまっすぐ立つ(写真A)。この時、耳から手の指先、土踏まずまで一直線に。おへそを引き上げるようにして、腹筋を引き締める。壁に背中をつけて立つと分かりやすい。

「スローウオーキングの成功のカギを握るのは、『ゆっくり3秒で息を吸い、3秒かけて吐き出す』呼吸法。これをしなければスローウオーキングの意味がない、といっていいほど重要です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る