1日たったの6歩…スローウオーキングで楽して痩せる

公開日:

 お腹にある空気を吐き切り、お腹をへこませてから息を3秒で吸い、3秒で吐く。お腹はへこませたままで緩めてはダメ。息を吸う時、肩を上げるのもNGだ。

「6歩の前に、この呼吸法をマスターしてください。歩くのは、呼吸法ができるようになってから」

 最初に取った正しい姿勢で、お腹をへこませ腹筋を意識しながら息を3秒かけて吸い、それに合わせてゆっくり膝を上げる(写真B)。そして、息を3秒かけて吐き、かかとからゆっくり着地する(写真C)。腕は大きく振る。

 この「3秒で膝を上げる→3秒で着地」を1歩とし、スタイルをキープして6歩進む。やってみると分かるが、呼吸法と「お腹のへこませ」で、わずか6歩であっても“体を動かした感”はハンパじゃなく、血流がよくなって体がポカポカする。


 長瀬さんがこのスローウオーキングを考案したのは、「だれでも、どこでも、できる運動を」との思いからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る