• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊洲だけじゃない マンションにも存在“地下ピット”の知識

 豊洲市場の問題で浮上した「地下ピット」は、豊洲に限ったものではないのをご存じか。実は、マンションはじめ大規模な鉄筋コンクリートの建物のほとんどに地下ピットが設けられているという。

 マンション管理コンサルタントの土屋輝之氏(さくら事務所)がこう言う。

「豊洲市場の報道以来、複数のマンション管理組合から、『ウチの地下は大丈夫か?』という問い合わせをいただいております。普段、目にしたり入ったりすることのない場所ですから報道で不安が膨らんだのでしょう」

 地下ピットとは、給排水設備などの配管や電気の配線のメンテナンス用に設けられた空間で、一軒家の“縁の下”にあたる。高さは1.5~2メートルほどで、広さは建物と同じ範囲が一般的。

 定期点検の対象に入っていないことが多く、それほど出入りするスペースではないため、ドアなどは付いていないのが普通。共用部の床に設けられた小さなフタを専用の工具で開けて、入ったり出たりする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る