豊洲だけじゃない マンションにも存在“地下ピット”の知識

公開日:

 豊洲市場の問題で浮上した「地下ピット」は、豊洲に限ったものではないのをご存じか。実は、マンションはじめ大規模な鉄筋コンクリートの建物のほとんどに地下ピットが設けられているという。

 マンション管理コンサルタントの土屋輝之氏(さくら事務所)がこう言う。

「豊洲市場の報道以来、複数のマンション管理組合から、『ウチの地下は大丈夫か?』という問い合わせをいただいております。普段、目にしたり入ったりすることのない場所ですから報道で不安が膨らんだのでしょう」

 地下ピットとは、給排水設備などの配管や電気の配線のメンテナンス用に設けられた空間で、一軒家の“縁の下”にあたる。高さは1.5~2メートルほどで、広さは建物と同じ範囲が一般的。

 定期点検の対象に入っていないことが多く、それほど出入りするスペースではないため、ドアなどは付いていないのが普通。共用部の床に設けられた小さなフタを専用の工具で開けて、入ったり出たりする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る