藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市生まれ。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以降、対象を海外の鉄道へと向け、これまでに65カ国を訪問。いまも年に数回のペースで列車旅を続行中。旅の途中で散髪屋に立ち寄ることも多く計23カ所で髪を切っている。

開通したばかりの国際列車 1860キロを2晩走り運賃4600円

公開日:
寒波のマシュハド駅(上)は人でごった返し。ノアの方舟が流れ着いたとされるアララト山脈(右下)/(提供写真)

イラン~ナヒチェバン国際列車編

「ええと、掃除の方ですか?」

「いえ、ビザについて伺いたくて来たんですが……」

 これは東京のアゼルバイジャン大使館での一幕。駐日公館の玄関先でアルバイトと間違われたのは初めてである。

 同…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る