中年ユーザーは気をつけたい SNSでの嫌われ行動ワースト5

公開日: 更新日:

 特にフェイスブックでは、実際に付き合いのある人とつながることが前提。ネガティブな心情の吐露には気を付けたほうがよさそうだ。

「ついやってしまうというのは、『いいね』を押してくれたり、『同感です』と書き込んでくれる人も一定数いるからですよね。でも、その『いいね』の裏で、怖がられたり、疎まれたりする可能性も頭の片隅に置いておいたほうがいい」

 好反応に調子に乗らないように気を付けたい。

【NG行動例】
①ネタギャグ 「おっぱい」などのワードを入れたギャグは書き込む前に「会社の人にも言えるのか」考えて。
②写真のシェア 飲み会やイベント時などで、他人が写っている写真を勝手にシェア&タグ付けするべからず。撮るときにアップしてもいいか要確認。
③アドバイスという名の説教 悩みを書き込んだ人などのコメント欄に、「僕のときはもっと大変だった」など、アドバイスのフリをした説教や自慢をするのは迷惑。
④個人的な内容をシェア 他人が現在の心境などをつづった内容を、「いいことが書いてあった」からといってシェアしない。
⑤オジサンの自撮り アップの自撮り写真を連日掲載。嫌われるというほどでもないけれど、自意識が透けて見えて女性には気持ち悪がられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る