修理前にチェック 靴底の“減り”で体調不良の原因がわかる

公開日:

 毎日の通勤ですり減った靴底。修理に出す前にどこが減っているのか、しっかりとチェックしたことがあるだろうか。靴底の減り方はその人の歩き方の癖が出るため、体調をはかるバロメーターになるという。

「いびつな靴底の減り方は、病気や体の不調がある証拠です」と話すのは、「靴底の外側が減らなくなると体の不調も消える」(主婦の友社)の著者で柔道整復師の新保泰秀氏だ。

「かかとの外側だけが極端に減っている人はふだん足の外側に重心が向いています。そのため、脚全体にねじれが生じて骨盤がゆがみ、膝や股関節を痛めたり、腰痛や肩こりの症状にもつながりやすいんです」

 逆にかかとの内側ばかりが減っている場合は、内側に力が入りふくらはぎを大きく動かせないため、血行不良によるむくみや冷えが起こりやすい。つま先の減りは、つま先に重心がかかることから歩行に無駄な力が入って倦怠感につながるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る