修理前にチェック 靴底の“減り”で体調不良の原因がわかる

公開日:

 毎日の通勤ですり減った靴底。修理に出す前にどこが減っているのか、しっかりとチェックしたことがあるだろうか。靴底の減り方はその人の歩き方の癖が出るため、体調をはかるバロメーターになるという。

「いびつな靴底の減り方は、病気や体の不調がある証拠です」と話すのは、「靴底の外側が減らなくなると体の不調も消える」(主婦の友社)の著者で柔道整復師の新保泰秀氏だ。

「かかとの外側だけが極端に減っている人はふだん足の外側に重心が向いています。そのため、脚全体にねじれが生じて骨盤がゆがみ、膝や股関節を痛めたり、腰痛や肩こりの症状にもつながりやすいんです」

 逆にかかとの内側ばかりが減っている場合は、内側に力が入りふくらはぎを大きく動かせないため、血行不良によるむくみや冷えが起こりやすい。つま先の減りは、つま先に重心がかかることから歩行に無駄な力が入って倦怠感につながるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る