修理前にチェック 靴底の“減り”で体調不良の原因がわかる

公開日: 更新日:

 毎日の通勤ですり減った靴底。修理に出す前にどこが減っているのか、しっかりとチェックしたことがあるだろうか。靴底の減り方はその人の歩き方の癖が出るため、体調をはかるバロメーターになるという。

「いびつな靴底の減り方は、病気や体の不調がある証拠です」と話すのは、「靴底の外側が減らなくなると体の不調も消える」(主婦の友社)の著者で柔道整復師の新保泰秀氏だ。

「かかとの外側だけが極端に減っている人はふだん足の外側に重心が向いています。そのため、脚全体にねじれが生じて骨盤がゆがみ、膝や股関節を痛めたり、腰痛や肩こりの症状にもつながりやすいんです」

 逆にかかとの内側ばかりが減っている場合は、内側に力が入りふくらはぎを大きく動かせないため、血行不良によるむくみや冷えが起こりやすい。つま先の減りは、つま先に重心がかかることから歩行に無駄な力が入って倦怠感につながるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る