修理前にチェック 靴底の“減り”で体調不良の原因がわかる

公開日:

 毎日の通勤ですり減った靴底。修理に出す前にどこが減っているのか、しっかりとチェックしたことがあるだろうか。靴底の減り方はその人の歩き方の癖が出るため、体調をはかるバロメーターになるという。

「いびつな靴底の減り方は、病気や体の不調がある証拠です」と話すのは、「靴底の外側が減らなくなると体の不調も消える」(主婦の友社)の著者で柔道整復師の新保泰秀氏だ。

「かかとの外側だけが極端に減っている人はふだん足の外側に重心が向いています。そのため、脚全体にねじれが生じて骨盤がゆがみ、膝や股関節を痛めたり、腰痛や肩こりの症状にもつながりやすいんです」

 逆にかかとの内側ばかりが減っている場合は、内側に力が入りふくらはぎを大きく動かせないため、血行不良によるむくみや冷えが起こりやすい。つま先の減りは、つま先に重心がかかることから歩行に無駄な力が入って倦怠感につながるのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る