桂宮治さん<1>シロアリ駆除のアポ取りバイトで社員待遇に

公開日:

 注目の若手噺家だ。NHK新人演芸大賞や国立演芸場花形演芸大賞銀賞を受賞し、BS日テレ「笑点特大号」の「若手大喜利」でも活躍。実力は折り紙つきで、独演会もすぐに完売になる人気者である。31歳で桂伸治に弟子入りするまでは営業やセールスの仕事をしていた。

 小さいころからお芝居をやりたかった。中学を卒業するときに、新宿コマ劇場の楽屋で弟子入りを志願。選んだのは、母親が知り合いだったベテランの役者さんだった。ところが、「せめて高校を卒業してから来なさい」と諭される。仕方なく男子校に進学した。

「学校には演劇部がなかったので、確実に僕よりも弱そうなクラスメートを2、3人誘って立ち上げようとしたんです。元演劇部の顧問だったという先生にも相談しました。そしたら落語のカセットテープを渡されて。このときは『落語ってなんだよ』って、聴きもせずに放り投げたんです。それで演劇部もつくらず、学校にも行かず、朝から晩までバイトばっかりしてました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る