• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辺真一氏(北朝鮮専門家)/柳生九兵衛氏(グルメ評論家)

中距離弾道ミサイルの発射実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長(右は辺真一氏)(C)共同通信社

辺真一さん(北朝鮮専門家)

■米国にとって脅威は火星15より北極星3

 北朝鮮は今年、15回ものミサイル発射実験を繰り返している。先月29日に発射された火星15は、全米を射程圏に入れる最新の大陸間弾道ミサイル(ICBM)で、“開戦準備”に入ったともっぱらだ。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事