老けて見せない老眼鏡選び スタイリストがアドバイス

公開日:

 子どもでも起きるというスマホ老眼が最近やたらと話題になるが、40代も後半になれば、嫌でもリーディンググラス、つまり老眼鏡がないと、スマホの細かい字が見えにくくなる。避けて通れない“宿命”だ。

 老眼鏡のお世話になり始めると、何だか急に自分が老けたような気分になるが、会社の部下や後輩にまで「老け込んだ」とは思われたくない。そう見せないコツみたいなものはあるのか。

 雑誌や映画など幅広く活躍するスタイリストの嶺井淳氏は「リーディンググラスの世間一般のイメージは細くて長方形のフレームでしょうが」とこう続ける。

「もちろん、顔の輪郭や目の位置などによって、似合うフレームは違ってきますが、イメージ通りの形は避けた方が無難です。逆張りで、大きめで丸みを帯びたフレームを選んだ方が老眼鏡っぽく見えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る