曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鳴門(淡路市・浅野)明石大橋を渡ってでも行く価値あり

公開日: 更新日:

 回転寿司で敷居は低くなったものの、やはり本格派となると、寿司は高級品に分類される。だが、漁師町ではどうだろう。新鮮な魚が当たり前に得られるから大枚をはたかなくてもレベルの高いものが味わえる。明石大橋の通行料を払ったとて、繁華街で食すよりリーズナブルなはずだ。

 私が橋を渡ってでも食べたいのが「鳴門」の寿司。店名が鳴門だけに勘違いしそうだが、淡路市にある店だ。同店の富永章弘さんは、三宮の「鳴門」からのれん分けしてもらい独立した。寿司と書いたが、経歴からいうと和食で、土地がら活け魚料理店と表現する方が正しいかも。

「鳴門」の名物となっている大名寿司(2400円)は、淡路島の海の幸をふんだんに使ったもの。魚介類のにぎりが7貫あり、淡路島ビーフのあぶりが1貫、手巻きが2本載ったものが出ていた。ちなみにこの日の魚介は、アイナメ、マグロ、シマアジ、エビ、ウニ、蒸し穴子、焼き穴子。寿司は単品でも注文OK。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る