曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鳴門(淡路市・浅野)明石大橋を渡ってでも行く価値あり

公開日: 更新日:

 回転寿司で敷居は低くなったものの、やはり本格派となると、寿司は高級品に分類される。だが、漁師町ではどうだろう。新鮮な魚が当たり前に得られるから大枚をはたかなくてもレベルの高いものが味わえる。明石大橋の通行料を払ったとて、繁華街で食すよりリーズナブルなはずだ。

 私が橋を渡ってでも食べたいのが「鳴門」の寿司。店名が鳴門だけに勘違いしそうだが、淡路市にある店だ。同店の富永章弘さんは、三宮の「鳴門」からのれん分けしてもらい独立した。寿司と書いたが、経歴からいうと和食で、土地がら活け魚料理店と表現する方が正しいかも。

「鳴門」の名物となっている大名寿司(2400円)は、淡路島の海の幸をふんだんに使ったもの。魚介類のにぎりが7貫あり、淡路島ビーフのあぶりが1貫、手巻きが2本載ったものが出ていた。ちなみにこの日の魚介は、アイナメ、マグロ、シマアジ、エビ、ウニ、蒸し穴子、焼き穴子。寿司は単品でも注文OK。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る