田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

三浦九段と神谷八段の明暗分けた 大事な一戦での見過ごし

公開日: 更新日:

 3月2日のA級順位戦の最終11回戦では、何と6人の棋士が6勝4敗の同成績で並ぶ結果となった。そして、史上最多の6者プレーオフの勝負で、羽生善治竜王(47)が勝ち上がって名人戦の挑戦権を得た。

 そうした大混戦の引き金となったのが、10回戦の三浦弘行九段(44=写真上)と豊島将之八段(27)の対局だった。

 第1図の終盤の局面で、豊島は先手2四桂と金取りに打って詰めろ(次に詰む手)をかけた。しかし、先手3三桂と王手すれば、後手3一玉(後手3三同金は先手5二竜以下詰み)先手5一竜後手2二玉先手2一竜後手3三玉先手3四銀後手同銀先手同歩後手4四玉先手5五銀後手5三玉先手5一竜後手6三玉先手5四銀後手7三玉先手5三竜以下、計27手の詰み手順が生じていた。

 長手順で変化は広いが、それほど難しくはない。ただ1手60秒の秒読みだった豊島は、詰みを読み切れなかった。また、自玉は詰まないと思っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る