田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

三浦九段と神谷八段の明暗分けた 大事な一戦での見過ごし

公開日: 更新日:

 3月2日のA級順位戦の最終11回戦では、何と6人の棋士が6勝4敗の同成績で並ぶ結果となった。そして、史上最多の6者プレーオフの勝負で、羽生善治竜王(47)が勝ち上がって名人戦の挑戦権を得た。

 そうした大混戦の引き金となったのが、10回戦の三浦弘行九段(44=写真上)と豊島将之八段(27)の対局だった。

 第1図の終盤の局面で、豊島は先手2四桂と金取りに打って詰めろ(次に詰む手)をかけた。しかし、先手3三桂と王手すれば、後手3一玉(後手3三同金は先手5二竜以下詰み)先手5一竜後手2二玉先手2一竜後手3三玉先手3四銀後手同銀先手同歩後手4四玉先手5五銀後手5三玉先手5一竜後手6三玉先手5四銀後手7三玉先手5三竜以下、計27手の詰み手順が生じていた。

 長手順で変化は広いが、それほど難しくはない。ただ1手60秒の秒読みだった豊島は、詰みを読み切れなかった。また、自玉は詰まないと思っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    伊藤美誠のネックレスも話題沸騰 オリンピックで注目を集める意外な会社

もっと見る