【重松清 特別寄稿】「アラ還」の僕がいま思う幸せとは

公開日: 更新日:

 先日、自宅の階段が壊れた。半年ほど前からグラグラしていた手すりが、ついにはずれてしまったのだ。

 意外だった。自分では手すりなどほとんど使っていないつもりだったのだ。しっかりした足取りで階段を上り下りしていると思っていた。手すりに負担をかけた覚えはないぞ、と最初は業者の取り付けミスを疑ったほどだ。

 だが、あらためて見てみると、オイルワックスを塗っただけの木製の手すりはずいぶん黒ずんでいた。階段を使うとき、無意識のうちに手を添えていたのだろう。

 この家で暮らし始めて10年になる。引っ越してきたときには45歳だった僕は、いま55歳。若くはない。だが、老け込むほどではない。人並みの体力はあるし、足腰も弱っていない。

 しかし、黒ずんだ手すりが教えてくれた。40代後半からの10年間は、じつは、気づかないうちに手すりに頼っていた歳月だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  9. 9

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る