【重松清 特別寄稿】「アラ還」の僕がいま思う幸せとは

公開日: 更新日:

 先日、自宅の階段が壊れた。半年ほど前からグラグラしていた手すりが、ついにはずれてしまったのだ。

 意外だった。自分では手すりなどほとんど使っていないつもりだったのだ。しっかりした足取りで階段を上り下りしていると思っていた。手すりに負担をかけた覚えはないぞ、と最初は業者の取り付けミスを疑ったほどだ。

 だが、あらためて見てみると、オイルワックスを塗っただけの木製の手すりはずいぶん黒ずんでいた。階段を使うとき、無意識のうちに手を添えていたのだろう。

 この家で暮らし始めて10年になる。引っ越してきたときには45歳だった僕は、いま55歳。若くはない。だが、老け込むほどではない。人並みの体力はあるし、足腰も弱っていない。

 しかし、黒ずんだ手すりが教えてくれた。40代後半からの10年間は、じつは、気づかないうちに手すりに頼っていた歳月だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る