【貝の酒蒸しとダシ巻き卵】貝5種類のダシを使う贅沢

公開日:

 ここの酒蒸しには5種類の貝が入っている。日替わりらしいが、この日はオキシジミ(三重県産)、ムール貝、ホンビノス貝(大アサリ)、アサリ、ホタテの稚貝が入っていた。

 4~5種類を入れると味に深みが出る。家庭では贅沢(ぜいたく)だが、漁師町に来たようでうれしくなる。調理のコツは一にも二にも煮過ぎないこと。貝が開いたら火を止める。

 熱々の貝をつまみ、種類の違いを味わったら、酒をグイッとやり、その後、ダシを飲む。肝臓に優しい貝のエキス、胃に優しいダシ汁。いくらでも酒がいけるような気がしてくる。

 さらに貝のダシでダシ巻き卵を作るのだ。

 ダシの味を見て、足りなければ塩、醤油を足して味を調える。砂糖は入れない。

「砂糖を入れると貝のうま味が消えてしまうんです」と田村光祥さん。使うのは銅の卵焼き器で、店で使うものは調理後、洗剤はもちろん、水をかけることもご法度だ。手入れはキッチンペーパーで拭く程度。そうすれば油膜が敷かれて、卵がくっつかなくなる。火は強火で一気に焼く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る