奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

食べても無意味? 水煮野菜には抗酸化物質が残っていない

公開日:

 なぜ活性酸素が問題かというと、もちろん老化や動脈硬化の原因などが指摘されているが、最も大きな問題はがん化の原因になることである。

 活性酸素が細胞内の遺伝子に触れると、遺伝子が傷つけられる。もちろん、修復遺伝子などが働いて元に戻そうとするのだが、生体内で大量の活性酸素が発生すると修復が間に合わなくなる。そうすると、一部の細胞はがん細胞に変わってしまう。

 一例を挙げると、日差しの強い浜辺にいたら強い紫外線によって肌が焼ける。この時、紫外線が体の水分に当たって活性酸素が生まれる。もちろん体の中にはこれを消去する酵素もあるし、遺伝子が傷ついたら修復する遺伝子もあるが、あまりにも多いと、活性酸素で傷ついた細胞は皮膚がんに変わっていく。

 実は、この活性酸素を消してくれるのが、抗酸化成分なのだ。ところが、販売されている「水煮野菜」は、加工処理の段階で貴重な抗酸化成分が捨てられているのだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る