高須基仁さん<3>ゲーム&ウォッチ出現で玩具業界去る決意

公開日: 更新日:

 1981年にトミー(現・タカラトミー)が満を持して発売したカードゲーム「UNO」は、初年度は5000セットしか売れなかった。倉庫には大量の在庫と返品の山……。そこで高須さんはあるPR手法を思い付く。

「UNOを売るためには、まずルールを知ってもらわなければなりません。そこで各大学を回って学生さんたちに頼み、UNO大会を開催してもらったのです。このおかげで認知度は高まり、さらにUNOの協会を自らつくって初代会長に就任しました」

 この功績が認められ、高須さんは玩具専門誌「トイジャーナル」の表紙を飾っている(写真)。

「UNOは、任天堂の花札やトランプに対抗したものでした。ただ、どうしても私がこの日本でUNOをヒットさせたかったのは、カードゲームを通して家族の交流を深めて欲しかったから。みんなでワイワイガヤガヤ……、おもちゃの楽しみを知ってもらいたかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る