高須基仁さん<4> トミーに残っていれば役員になっていた

公開日: 更新日:

 高須さんのサラリーマン生活は、足かけ14年で終わりを告げる。

 トミー退社直前の1983年4月、東京ディズニーランドが開園。オフィシャルスポンサーのトミーは、開業前に社員全員が招待され、このテーマパークを楽しむことができた(写真)。トミーで過ごした最後の時だ。

「あのままトミーに残れば役員になれたでしょうし、ある重役の方にも『君はパドックに入った。いずれは専務だよ』といったニュアンスも伝えられていました。ただ、オモチャの主流は電子ゲームに切り替わり、82年にトミーが発売したゲームパソコン『ぴゅう太』も、任天堂の『ファミリーコンピュータ』に大惨敗を喫してしまった。私はアナログオモチャの作り手であり、電子ゲームの時代には限界が見えていました」

 そんな折、ミニカーで知られるイギリス発祥の玩具メーカー、マッチボックスの社長から電話があり、マッチボックス・ジャパンの社長に誘われた。高須さん、36歳の頃だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る