• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

尾身美詞さん 元キャンディーズの母が作った豚の紅茶煮

「自分たちで食べたいものを、自分たちで相談して、自分たちだけで作りなさい」というのが我が家のルール。

 料理の本で見たおいしそうなデザートを作りたくて材料のフランボワーズ(ラズベリー)を探し回り、青山の紀ノ国屋まで行ったことがあります。

■甘酸っぱくサッパリした食感

 3人とも友達が多くてしょっちゅう家に遊びに来ては夕食を食べて帰る。友達のお母さんも含めて多い時は10人以上。大人数で食卓を囲むのが普通の光景でした。おいしい料理を振る舞ってくれるし、子どもに気を使わせない家風だったからでしょうね。家族だけで食卓を囲むのは週に1、2度でした。

 山のように作らなくてはならないのに、母は嫌がらずうれしそうに料理を振る舞っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る