上阪徹さん<4>“社長が27歳”のコピーが心に刺さる人もいる

公開日:

 リクルートの広告制作会社に転職して1カ月後、中途採用広告を手がける千代田営業部の制作セクションに配属された。

「『ビーイング』と『とらばーゆ』を作る部隊の一角で、営業からの発注を受けるのが仕事でした。最初は小さな広告からで、キャッチコピー1本と50文字ぐらいしか入らない。それが1日かけても作れなかった」

 教えてくれる人はいない。すべて手探りで、試行錯誤を繰り返した。

「小さい広告でも、広告主は1本数十万円の広告費を払っています。もし100万円出して問い合わせの電話がゼロだったら、それは自分のせいだ、と気づきました。プレッシャーは相当なもので、書くことの怖さを知りましたね」

 そこから読者に頭が向いた。読者によっては「駅名」も魅力になる。「素敵なオフィスで事務」よりも「三軒茶屋で事務」の方が具体的でわかりやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る