西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

鹿屋アスリート食堂神田錦町本店 栄養素などがレシートに

公開日: 更新日:

 もしかしたらアスリートしか食べちゃダメなのかなぁ……なんて心配は100%ご無用です!  アスリート体形と対極にある人でも、運動を一切やってない人でも大丈夫。遠慮しないでノレンをくぐりましょう。

 オーダーは「この店ならでは」のやり方。基本は「一汁一飯三主菜の定食」です。ご飯は雑穀のアス米か白米を選び、三主菜として15種類のおかずから3品を選択。備え付けの定食オーダーシートに書き込みます。これで970円ナリ。「キャベツ盛り」を追加したのですが、100円なので計1070円のお支払い。

 15種類のおかずは、どれもこれもおいしそうだし、カラダに良さそうなものばかり。お値段的には「リーズナブル!」というのが実感です。私のチョイスは――。

 まずは「ルーミートハンバーグ」。オーストラリアではカンガルーのことを「ルー」と呼んでいます。ルーミートは食肉の中でも、高タンパクなのに低脂肪、低コレステロール、低カロリーと夢のような健康食肉。初トライですが、味にクセはないし、口の中でとろけそうな軟らかさにビックリ! ハマりそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る