ビールは古い? 最新餃子バーはワインで乾杯するのが流儀

公開日: 更新日:

 ビールと餃子は、最高にウマい組み合わせだ。人気の餃子酒場でも、ビール片手に変わり種餃子を楽しんでいる人がいるが、最近の流行はワインやシャンパンなどを合わせる餃子バーだ。話題づくりにもバッチリな店を紹介しよう。

▼GYOZA BAR Comme a Paris

 女性客が6~7割という東京・渋谷のおしゃれな店。定番の肉や野菜の焼き餃子も、フレンチをベースとした3種類のソースで味わうのがここのスタイル。黒ゴマと黒七味の黒いソース、トマトとジンジャーの赤いソース、味噌とハーブの緑色のソースがあり、それぞれの味や香りをスパークリングや赤・白のワインと組み合わせて楽しみたい。

「グラスワインは6種。いずれも餃子と合わせやすい銘柄です。シメにオススメは、オニオンスープグラタンギョウザ。最後までスープを飲んで、満足していただければ」(店長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る