小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

トヨタ スープラはBMW Z4とは別物 みんなわかってない!

公開日: 更新日:

長く乗るほど違いがわかる

 また実際の乗り味である。既にZ4にも乗ってる小沢。確かに最初のドアやボンネットの締まり具合にはBMW的なフィールを感じた。カッチリ感は似てるし、シフトノブスイッチにしろBMW流。

 が、ステアリングは太すぎるBMW流と違って日本人向きの細身タイプだし、当のシフトノブもZ4とは違う。似てるけどデザインは別だ。

 そして走り味である。吹き上がりの良さ、それとはウラハラの重厚感はBMW譲り。だが、長く乗れば乗るほど味の違いがわかってくる。ステアリングのレスポンス、乗り心地のしっとり感、全体の固さ。どれをとってもBMWとは違う。

 だいたいブランド車はポルシェに乗ってると911でもボクスターでも「ああ、ポルシェに乗ってる」と。メルセデスもSクラスだろうがEクラスだろうが「俺はメルセデスに乗ってる」と感じるもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  5. 5

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    経営統合したヤフーとLINE 市場が気にする両社の「格差」

  8. 8

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  9. 9

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  10. 10

    来季FA取得の燕・山田哲 球団はメジャー以上に巨人を警戒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る