【牡蠣の玉味噌焼き】牡蠣がグレードアップする玉味噌を伝授

公開日: 更新日:

さかなとお酒 うぉんたな(札幌・すすきの)

 北海道の魚介をふんだんに扱っている「うぉんたな」で夏の絶対的エースは“牡蠣”。プリプリで上質、身がゴロッと大きな牡蠣が手頃な値段(1個380円)で食べられる。そんな生食もできる牡蠣に玉味噌をのせた贅沢メニューがコレ。「写真の“田友”はキレがいい純米酒で、味噌焼きにはおすすめですね。純米酒の燗酒にも合いますよ」と松森さん。玉味噌がフタ代わりになって牡蠣のうま味を封じ込め、より濃厚な味を楽しめる。食材まで北海道と同じレベルは難しいが、玉味噌さえマスターすれば近くのスーパーで買った牡蠣もグレードアップ。贅沢な家飲みに変わる逸品だ。

《材料》 
・牡蠣       1個
<玉味噌>
・西京味噌    大さじ1
・卵黄      小さじ1
・砂糖 小さじ2分の1
・みりん     大さじ2

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

もっと見る