鈴木一泰さん<4>イチローが縁で神戸のチームのデザインを

公開日: 更新日:

 大東建託を辞め、東京に出てきたのは28歳のとき。1996年でバブル景気が崩壊し、大学生は就職氷河期で、ロストジェネレーション世代が社会に飛び出していったころだ。

「弟のイチローがCM出演したのがキッカケで、博報堂の方と知り合うことができました。その方に相談すると、『僕の机を使って仕事していいよ』とおっしゃったのです。それで東京に出て、博報堂の仕事を頂いたり、自分の仕事をしたりしました。決して博報堂の社員ではなく、いわば“居候”の立場でしたが、博報堂以外の自分の仕事も許されたんですよ。ほんと、ありがたかったです」

 今ほどインターネットが普及しておらず、ヤフーの日本法人が設立されたのが96年。ネット草創期のウェブデザインのほか、企業のロゴやキャラクターなどもデザインしたという。

「今では東京に出てきてよかったと思いますが、地方にいるとそこから出ることを嫌う傾向があります。名古屋に居たころの僕もそうでした。だから、大東建託時代の晩年は、つまらないと思いながらも何となく居続けてしまいましたが、名古屋を離れて世界が広がりましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

もっと見る