西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

そうめん屋はやし(大井町)想定外の組み合わせで栄養補給

公開日: 更新日:

 まずはそうめんだけを口に入れ、思わず目をみはってしまいました。

 こんなに細いのにコシが強い! なのに歯を当てるとスパッと噛み切れます。矛盾しているようですが、繊細な軟らかさも併せ持っています。

 梅、ネギ、鰹節、大根おろしと一緒に食べると、それぞれの味わいがケンカすることなく、絶妙に好バランスを保ちながらノドをツルツルッと流れ落ちていきます。味わい深い出汁ともうまく絡み合い、思わず「あぁ~おいしいぃ!」って声が出てしまいました。

 クエン酸がたっぷりの梅に、消化酵素がたくさんの粗みじんの大根が、夏バテで弱った消化器官を元気にしてくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る