注文から会計までスマホで完結 進化系レストランの満足度

公開日: 更新日:

 コリーナの運営を行う「ウェリコ」代表の荒木れいさんによると、「ポイントは、お客さま自身のスマホを使ってもらうこと」だという。

「考え方としては、通常のウェブページのアクセス解析と同じです。どの端末からいつ、どのような閲覧と注文があったのか、すべてのデータが蓄積されています。これらのデータを活用することで、より質の高いサービスを提供することがスマートレストランの目的です」と荒木さん。

 たとえば、「この時間帯に水の注文が多い」「この料理を頼んだ客はナイフを追加する」といったデータを基にマニュアルを作成すれば、すべての店員が客の行動を予測して動くことができる。今日初めてホールに立つスタッフが、常連客を認識して気の利いた一言をかけることも可能というわけ。客の満足度は上がりそうだ。

「接客、調理、発注、予約などをIT端末で連携させることで、レストランにおけるすべての業務が効率化されて、これまでブラックと言われがちだった飲食業の働き方が変わります。そこで浮いたコストを料理に還元できる仕組みをつくっていくのが私たちの理想です」と荒木さん。

 今年9月には2店舗目となるダイニングバーを開店するとのことで、今後の展開が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る