曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Cafe Tokiona(南森町)朝から賑わうノスタルジックカフェ

公開日: 更新日:

 天満橋にあった人気の「カフェトキオナ」が天神橋1丁目に移転し、装いも新たにオープンした。天神橋商店街のアーケードが終わってすぐの所にお目見えした同店は、ノスタルジックな雰囲気が漂うカフェで、アンティークな家具を配すなどなかなかオシャレである。聞けば、古民家を改装して造ったようだ。店主によると、あまりの凝りように、残ったのは壁と柱、梁ぐらいらしく、かなりの改装費がかさんだそう。

 1階は2人席と厨房、2階に40席を配する陣容で、ゆっくりティータイムが楽しめる。かと思いきや朝7時からたくさんの人が陣取ってモーニングを楽しむ。その理由は「トキオナ」自慢のモーニングにあるようだ。朝7時~11時までは、コーヒー(450円)にプラスアルファでいろんなモーニングが味わえる。例えば、150円足すとバタートーストが、300円足すとコバトパン工場人気商品あん塩バターが付いてくる。新店舗オープンとともにできたのが、季節のフルーツトースト(コーヒー+500円)。バニラの利いたリッチクリームに季節のフルーツがのっており、トーストというよりまるでケーキを食べているような錯覚に陥りそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る