嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

「比良山荘」 3代目夫妻が確立したシンプルな鮎の塩焼き

公開日: 更新日:

 20年前には裏メニューだった熊鍋の評判がじわじわと浸透し、現在では冬の看板となった。雪深い季節に花が咲いたように美しく皿に盛られたツキノワグマの肉の大半は白い脂身だ。雪月花を体現しているところから、「月鍋」と名付けられた。

 鍋から引き上げた縮んだ脂身をまとった肉は熊が食べているどんぐりや木の実の味がして、赤ワインと口中で合わせると月の世界を旅するかのような夢心地になるだけでなく、体の芯からポカポカ温まる。

 いつも笑顔で迎えてくれる女将さんは、なんと幼い頃、着物で接客する「女将」になりたいとなんとなく思っておられたそうだ。学生時代には北海道に住みたいとペンションでバイトをしたりもしたが、共通の知り合いの方から比良山荘の若旦那によいのではと紹介され、剛治さんが経営の主導権を握るようになった頃に結婚した。

 二人三脚でさまざまなサービスを考えて向上させ、わざわざ行くべき店に育てた。いつ伺っても家族のように迎えてもらえる背景には、おじいさんの代から伝わる歴史と、現代を生き抜く2人の愛あるもてなしの精神が脈々と流れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る