曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Copain de Fromage(紀の川)和歌山らしい個性的なチーズ

公開日: 更新日:

 食事処のコーナーで紹介するが、ここは飲食する所ではなく、チーズ専門のショップである。かつてはカウンター部分でチーズを出していたこともあったが、今は試食のみになっている。ではなぜその手の店を取り挙げるかといえば「コパン・ドゥ・フロマージュ」がかなりユニークで面白いチーズがそろっているからだ。

 店主・宮本喜臣さんは、世界的にも注目されるチーズ職人。CAPの資格を取得しており、欧州よりチーズを仕入れ、自店で2次加工してこの店ならではのオリジナリティーをつけて販売をしている。

 例えば、モロマッジョ(100グラム1800円)は、湯浅醤油のもろみを用いて造ったオリジナルチーズ。イタリアに湯浅醤油のもろみを持ち込み、そこにナチュラルチーズを漬けて熟成させる。本来なら熟成に1年半かかるが、醤油のもろみならスピード熟成し、1カ月で完成するそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る