安部龍太郎さん<3>図書館勤務を直訴したら上司から大目玉

公開日: 更新日:

「最初の配属先は区民係でした。税金を払う人の受け付けなど窓口対応です。他に青少年対策や美化委員会の事務局も担当しました。仕事は、残業はないし全くカレンダー通り。学生時代に自分が想像していた通りの“楽な職場”でした。ハハハ。

 間もなく、同人雑誌に入って作家修業も始まったんですが、目黒の独身寮から武蔵新田にある出張所までの通勤時間がもったいなくてね。独身寮は3~4カ月で出て、職場の近くに下宿を借りたんです。それにしても、独身寮は狭かった。たぶん、8畳の2人部屋を、ベニヤ板で仕切って4畳くらいの縦長にしたんだね。横になって両手を広げたら壁に届いてしまうほど。あれには参った」

 初任給は、「5万円ほど」と振り返る。仕事が終わると、真っすぐに帰宅し原稿を書く。休日も大半を作家修業に時間を割くストイックな生活が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る